メタボリックシンドローム高脂血症 メタボリックシンドローム(症候群)の予防



メタボリックシンドローム高脂血症

高脂血症(脂質異常症)とは、血液中に溶けている脂質の量が異常に増えている状態をいいます。食べ過ぎなどによる過剰な脂質の摂取や、運動不足などにより血液中の脂質が多くなると、余分な脂質が血管壁に取り込まれ、動脈硬化を起こします。

高脂血症(脂質異常症)には総コレステロールが高い「高コレステロール血症」、悪玉コレステロールとよばれるLDLコレステロールが高い「高LDLコレステロール血症」、善玉コレステロールであるHDLコレステロールが低い「低HDLコレステロール血症」、トリグリセライド(中性脂肪)が高い「高トリグリセライド血症」があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。