メタボリック コレステロース削減方法 メタボリックシンドローム(症候群)の予防



メタボリック コレステロース削減方法

メタボリックシンドロームを改善するのに、血中コレステロールを下げることが効果的です。食べ物としてとるエネルギー全体のうち、脂肪によるものを25%以下に、食物繊維の多い食材を増やすことも重要です。それは食物繊維は腸の中で、中性脂肪だけでなくコレステロールも吸着し排出する働きがあるからです。食物繊維が豊富な食べ物はひじきなどの海藻類、大豆などの豆類や雑穀類、ごぼうなどの根菜類など、これは和食が見直されている理由のひとつです。脂肪ではオリーブ油がに多く含まれる一価不飽和脂肪酸や、オレイン酸には、動脈硬化を促進する低比重リポタンパク(LDL=悪玉コレステロール)を下げ、高比重リポタンパク(HDL=善玉コレステロール)を上げる働きがあります。パーム油(ファーストフード店やコンビニ、テイクアウトなどのフライなどに多用されている)、豚や牛の脂肪分、バターなどに多く含まれている飽和脂肪酸はとりすぎると肝臓でコレステロールの形成を促進し、悪玉コレステロールを増加させるので注意が必要です。

また、紅花油、サフラワー油、リノール酸・ひまわり・サラダ油など多くの植物油、ごまや松の実など種実、本マグロ脂身、すじこ、まだい、ぶり、さばなどに多く含まれるDHA、n-6系の不飽和脂肪酸、リノール酸は、LDL(悪玉コレステロール)、中性脂肪を下げますが、同時に動脈硬化を防止するHDL(善玉コレステロール)も下げてしまいますので摂りすぎには注意しましょう。

イワシ、サバなどの、青い魚に多く含まれるn-3系の多価不飽和脂肪酸、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)は、中性脂肪を減らす働きがあるので意識して食べるようにしましょう。すじこ、はまち、いわし、にしん、さばに多く含まれるEPAにはHDL(善玉コレステロール)を上げる働きが、本マグロ脂身、すじこ、まだい、ぶり、さばなどに多く含まれるDHAにはHDL(悪玉コレステロール)を下げる働きがあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。