メタボリック ストレスとの関係 メタボリックシンドローム(症候群)の予防



メタボリック ストレスとの関係

このようにストレスを受けていると、ストレスを緩和しようと副腎皮質ホルモンのコルチゾールが分泌されるのです。コルチゾールは朝多く、夜少なく、そしてビタミンCとコレステロールから作られています。ですからこれらが不足しないようにしてストレスを上手く逃せるようにしましょう。

悩みがある場合、怒り、恨み、人間関係、金銭問題などストレスには際限がありませんが、病は気からと、昔の人はよく言ったものです。現代ではストレスが病気の元になっているのです。逆にいえばストレスを上手にコントロールして、ストレスにさらされ続けていなければある程度の健康でいられるのではないでしょうか。ストレスのない人なんていません。上手く交わす術を身につける、それは自分の本当に好きなことを見つけることにも通じています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。