メタボリック肥満対策 メタボリックシンドローム(症候群)の予防



メタボリック肥満対策

消費カロリーが摂取カロリーを上回った時、消費されずに余った過剰分のエネルギーが体内に蓄積されて肥満になります。したがって、摂取カロリーを減らし消費カロリーを増やすことが重要になってきます(当たり前のことですが・・・)。

ダイエットも運動も楽しくないと続かないので、一緒にできる仲間をみつけたり、ブログに日々のダイエット日記を書くなどして工夫するとよいです。急激に減量するよりも数ヶ月に数キロで良いので少しずつ悪い生活習慣を健康的なものに変えるようにしたら自然と減量になっていたとよく聞きます。

またストレス太りと言うように、ストレスでやけ食いなども加速されますので、自分に合ったストレス発散も必要です。ゆっくりと半身浴、散歩、音楽鑑賞、おしゃべり、ペットとのふれあい、なんでも良いので好きなことで癒される時間を持ちましょう。

また社会人ともなると付き合いでアルコールや外食の機会も増え、なかなかヘルシーな食生活と遠くなることもあります。そんな場合にも焦らず、数日かけて元のサイクルに戻せば良いのだと割り切るとストレスから開放されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。