メタボリックとは? メタボリックシンドローム(症候群)の予防



メタボリックシンドロームとは?

運動不足や食べすぎなど、身体に負担がかかる習慣が影響して発症する『生活習慣病』の増加が問題になっています。

生活習慣病の代表ともいえる『高血圧』や『高脂血症』、『糖尿病』などの発症・悪化には、『腸のまわり、または腹腔内の内臓脂肪蓄積』が強く影響しています。内臓脂肪が過剰に溜まっていると、これらの生活習慣病になる可能性が高くなり、いくつかのものを併発する可能性もあります。しかも、仮にそれぞれの病気の程度が“軽症”だったり、まだ病気とは診断されない“予備群”だとしても、複数のリスクを持っていると、動脈硬化が急速に進むことがわかっています。このような状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。