メタボリック肥満のタイプ メタボリックシンドローム(症候群)の予防



メタボリックシンドローム肥満のタイプ

肥満には『内臓脂肪型肥満』と『皮下脂肪型肥満』の二つの種類があります。メタボリックシンドロームで問題になるのは『内臓脂肪型肥満』です。

【内臓脂肪型肥満】
内臓のまわりに脂肪が溜まる肥満。お腹がポッコリ出た体型から『リンゴ型肥満』とも呼ばれます。内蔵周囲の脂肪は比較的溜まりやすいですが、運動をしたり食事を適量に制限することで減りやすくなるといわれています。

【皮下脂肪型肥満】
腰まわりやお尻、太ももなどの下半身を中心に脂肪が溜まる肥満。『洋ナシ型肥満』とも呼ばれます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。